沖縄ダイビング・シュノーケル情報

沖縄ダイビングとシュノーケル情報まとめサイトならココ! - ダイビングをするのに必要なものは

ダイビングをするのに必要なものは

 ダイビングをするためにはたくさんの器材が必要になります。器材やスーツの種類など、初心者にはわかりづらいものもあります。

 

軽器材

 マスクは視界を確保し、水の新入を防ぐために必須で、中には視力を補正するレンズが使用されている物もあります。フィンは、水中で推進力を得るために必要で、ゴム製、プラスチック製など様々な種類があります。シュノーケルは、水面を移動するときなどに使用します。グローブやブーツは手足の保護、冷えの防止に役立ちます。浮力の強い海水の中を潜るためには重りをつける必要があり、ウェイトベルトも必要になります。

保護スーツ

 ウェットスーツは体とスーツの間の水が体温で温まることによって保温効果を生み、ドライスーツはスーツの中に空気の層をつくって体を濡らさないという違いがあります。フードがあると、体の冷えをさらに抑えることができます。

重器材

 レギュレーターは、タンクの空気を水中で吸うための器材であり、その故障などの非常時の予備としてオクトパスを常備しておきます。ゲージという器材で、タンク内の空気残量、潜っている深さや方角を確認します。タンクをホールドし、浮力を確保する役割をするのがBCです。BCやタンクなどの浮力を相殺するためのものがウェイトです。タンクは、圧縮された空気がはいっていて、所持するには届け出が必要なため、通常はダイビングショップなどでレンタルします。

その他の器材

 ダイブコンピュータを用いて、安全なダイビングの限界時間を把握します。水深が下がれば視界は暗くなるので、水中用ライトも必須です。ライトがあれば、海の生物の鮮やかな色を見ることができますし、ダイバー同士の合図としても利用できます。水中カメラがない人は、カメラハウジングをデジカメに装着して水中に持ち込むことも可能です。

器材は安全を確保するもの

ダイビングは多くの器材を必要としますが、いずれも必需品です。自分にあったものを選び、安全をしっかり確保してください。

関連する記事

Copyright(C)2017 沖縄ダイビング・シュノーケル情報 All Rights Reserved.